New Item Name New Item Name New Item Name New Item Name

精神科や心療内科など心の病気をケアする大分下郡病院。

精神科や心療内科では、どのような診察を行っているのでしょうか。
大分下郡病院では、精神科・心療内科では診察は問診を中心に行っています。
心の病気か、はたまた日常的な心の不調なのか。
それを判別するために、問診を通じて評価をする必要があります。

心の病気の原因は、体質的・環境・心理的要因などが複雑に関わっています。
その時に困っている症状や、その症状がいつ頃始まったのか、
症状の内容やきっかけの有無など症状についての詳細な内容を聞きます。

環境・心理的要因として引越しや入学、就職や失恋などや、子供の頃のトラウマと
なるような経験がなかったか、脳に影響を及ぼす可能性のある外傷や感染症がなかったかを聞きます。
他にも家庭や職場などの生活環境、生活のスタイル、過去の心の病気の有無、
家族や近親者の心の病気の有無などを聞きます。

大分下郡病院では問診に加えて心理検査など各種検査をすることがあります。
初診の際には、かなりの時間が掛かる場合があります。
治療法は薬による治療と、医師が話を伺う精神療法が中心となります。
大分下郡病院では院内処方なので、診察後調剤薬局に行くことなく薬を受け取れます。

初めて受診する方や、入院を希望の方は事前連絡が必要です。
診療時間は月曜日から土曜日で、日祝日は休診となります。
時間は月曜日から金曜日は午前9時から午前11時45分、午後1時15分から午後4時30分までです。
土曜日は午前9時から午前11時45分までで、午後は初診予約となります。